ミャンマーで出会った天才少年

キャリアコンサルタントが見た世界

ボージョー アウン サン マーケット

ボジョーマーケットというヤンゴンの市場で声をかけられた。

声をかけてきたのは少年である。

「お兄さん日本人でしょ?」

「ねぇ、日本人でしょ?」

流暢な日本語を操る。

あまりにも日本語が達者なので会話をしたくなった。

「君、日本語が上手だね。名前は?」

「ショーヘイ!」

いやいや、それ日本人の名前じゃないの。

もちろん彼にはミャンマーの名前がある。

彼に興味が湧いてきた。

 

「どこで日本語を覚えたの?」

「お寺で覚えた。ぼく日本に行ったことがあるよ。」

驚いた。

既に日本に来て、富士山にも行ったらしい。

我が故郷富士。

本当に日本語が上手なので感心していると

「でも、漢字が読めない。漢字は難しいね。」

「漢字が読めなくても、これだけ会話ができるのはすごいよ。」

と言うと、

「ぼく、English、Germany、Chinese もできるよ。」

彼は母国語のビルマ語を含めると、5ヵ国語が操れるのだ。

年齢は15歳。

市場で客引きをやっている。

ミャンマーはかつてイギリスの植民地だったこともあって、英語が堪能な人が多いと聞く。

だから英語ができるのは分かるのだが、他の外国語はどうやって覚えたのだろうか。

その点を聞いてみると、スマホを使って、語学番組を見ながら覚えたそうだ。

 

自分が15歳の頃、何をしていただろうか?

中学3年生。

そうすると、一応受験生か。

当時は洋楽にハマっていて、音楽ばかり聴いていた。

ガンズ&ローゼス、モトリークルー、ハロウィン、ホワイトスネーク、メタリカ、ゲーリー・ムーア、ミスタービッグ、ナイトレンジャー、デフレパード、なぜかTNTというバンドも好きだった。

洋楽だからといって英語が堪能になったわけではない。

いや、むしろ1ミリの進歩もなかった。

当時は英語以外の外国語なんて想像したこともなかった。

外国語と言えば英語。

それが全てだった。

考えてみたら、なんて狭い世界なんだ。

 

彼を見ていると、沢木耕太郎の『深夜特急』を思い出す。

シルクロードの交易地で多言語を操る商人が出てきた話があった。

商人は、挨拶や交渉のときに必要な会話をマスターしている。

しかし、読んだり書いたりすることはできない。

あくまで、商売に必要な範囲で話すことができるのみだ。

多言語で話せるというのもすごいと思うが…。

そんな記述があったと記憶している。

 

彼は、私に質問してきた。

どこのホテルに泊っているのか、ホテルの名前や値段を聞いてきた。

素直に答えていると、ホテルの格付けについて話してくれた。

他にも外国人旅行者のことや、交通事情のことなどを教えてくれた。

話を聞いているうちに、なんだかタクシーの運転手と話しているように錯覚する。

もう子どもという感じではない。

大人びている。

環境がそうさせているのだろうか。

 

私は、彼がどんな音楽を聴いているの質問した。

「どんな音楽が好きなの?」

「さくら。知ってる?」

「もちろん。日本人で知らない人はいないよ。」

日本の代表的な童謡を知っているとはさすがだ。

私が関心していると、彼はスマートフォンを取り出した。

そしてスマホから流れるメロディに合わせて歌い出した。

「さくら~、さくら~、い~ま~さきほこ~る~」

あれれ?

この曲は…童謡じゃない。

これは森山直太朗さんの歌じゃないか。

彼は良い声をしている。

歌も上手だ。

彼は森山直太朗さんの歌が大好きだそうだ。

 

他に好きな曲があるか聞いてみた。

すかさずスマホの画面を見せてくれた。

そこに写っていたのは…

 

ピコ太郎旋風はミャンマーに到達していた

 

彼はこれを Youtube で見つけたそうだ。

学校で流行っているのか聞いてみると、とくに流行っているわけではないそうだ。

ただ、彼が夢中になっていることは間違いない。

PPAPをやっている彼を見てそう確信した。

 

よく考えたらスマホを持っているのは彼だけじゃない。

私も持っている。

世界単位で考えたら何億もの人たちが持っているだろう。

しかし、使い方はそれぞれ異なる。

私なんかは、ネットよりも本を読んでいる時間の方が長い。

とても便利で無限の情報にアクセスできることは理解している。

でも、彼のようには使っていない。

彼と同じ文明の利器を持ちながら、使用の効果という点では大きな差がある。

そんな印象を持った。

 

使い方によって未来が変わる。

人生が変わると言っていいのかもしれない。

私が言うのも何だが、彼は上手な使い方をしていると思う。

 

私はショーヘイを通じてミャンマーのポテンシャルに気づいた。

彼は市場で働いていて、学校に行っているとしてもエリートではないだろう。

環境要素を差し引いたとしても、彼の語学センスは高いと認めざるを得ない。

学習に専念する環境にあったら、ものすごい力を発揮するのかもしれない。

いや、そんな環境がなくたって既に力を発揮している。

ミャンマーはすごい国なのかもしれない。

私はミャンマーとご縁が持てたことに感謝した。

 

ショウヘイは、将来日本で働くことを希望している。

私は、ショウヘイが日本とご縁を持てるように5円玉を渡そうとした。

それなのに、この大事な場面に限って5円玉がない。

手元にあるのは100円玉だけ。

「このコインはお守りだ。これを持っていれば、いつか日本に来ることができる。このコインにはそういう力がある。」

そう言って、彼に100円玉を渡した。

 

キャリアコンサルタントだから言うわけではない。

彼は、文明の利器を上手に使っている。

そんな彼のことだ。

きっと彼らしいキャリアを築いていくに違いない。

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。