私が出会った少女たち in ミャンマー

キャリアコンサルタントが見た世界

ヤンゴンはミャンマーの大都会だ。

それなのに、大都会特有の危険は感じられない。

とても穏やかなのだ。

一般的に、海外の大都会は一定の危険性を孕んでいる。

私の数少ない経験でも、パリやバルセロナでは、スリやひったくりに一定の注意を払う必要があった。

どの国であっても、初めて訪れる土地には不慣れで多少の緊張感が伴うものだ。

だから、安全に行動ができるという点はとても重要だ。

私が男性であることを差し引いても、ヤンゴンでは安心して観光を楽しむことができる。

やはり、ヤンゴンは他の大都市とは違うのだ…。

そう安心しきっていたときの話だ。

買い物を終えて、鉄道を使ってホテルに戻ろうと思いヤンゴン中央駅にやってきた。

 

ヤンゴン中央駅

 

ヤンゴン中央駅は、環状線の中で一番大きな駅である。

長距離列車はこの駅が起点になっている。

当然駅の規模も大きい。

そのため、他の駅とは勝手が違う。

環状線用の切符売場と、長距離列車用の切符売場は違う場所にある。

そんなことは、この地をはじめて訪れた者に分かるわけがない。

だから少々迷ってしまった。

 

長距離列車の券売所

 

係員に聞いてみると、どうやら駅の構内に入ってから切符を買うシステムのようだ。

階段をのぼり連絡通路を進んだところに別の係員がいたので、もう一度切符はどこで買えるのか聞いてみた。

しかし要を得ない。

どうやら私の発音が悪いせいで駅員に伝わっていないようだ。

 

うーん、駅員さんにはちょっと想像していただきたい。

海外旅行者が駅員に質問するとしたら、「切符はどこで買えますか?」「〇〇行きは何番線ですか?」「トイレはどこですか?」、これらが80%以上を占めるのではないだろうか。業務上、質問される内容は大抵決まっていると思う。

駅員に「タピオカミルクティーを買えるお店はどこですか?」と質問する旅行者はいないはずだ。

私が駅員さんの想像力と自分の会話力に落胆していたときだった。

背後から2人の少女がさっと近づいてきた。

 

「どこの駅へ行きたいの?」と聞いてくるので、目的の駅名を伝えると、切符売り場まで案内してくれることになった。

親切な少女だ。

やはり私は人に恵まれている。

いつものようにホケーっと考えていたら、彼女たちから200チャットを要求された。

200チャットは日本円で16円程度だ。

私は環状線の料金が200チャットだと知っていたので安心してお金を渡した。

私は切符売場に向かうこの親切な少女たちの姿を記録しようと思いカメラを向けた。

 

私の切符を買うために券売所に向かう2人の少女

 

彼女たちは私の切符を買ってきてくれた。

ありがとう。

私はお礼として飴ちゃんでもあげようと思い、カバンの中を探してみた。

まったく、こういう時に限って飴ちゃんがない。

申し訳ないと思いながら彼女たちの方へ向き直ると、1人の少女が私の切符となぜかお水のペットボトルを一緒に持っている?

あら?

これはもしや…。

私は『地球の歩き方・ミャンマー(ビルマ)』の注意書きを思い出した。

ミャンマー、とくにヤンゴンでは、親切や善意の行為に甘えるとコミッションを要求されることがあり、これを不愉快に思う旅行者がたくさんいるので注意せよと。

なるほど。

この状況は、コミッションを要求されているということなのだろうか…。

 

幸い水は足りている。

先ほどコンビニで、ポカリスエットのようなドリンクを700チャット(約56円)で買い、さらに水を300チャット(約24円)で買ったばかりだ。

ただ、何らかのお礼がしたいと思っていたので、その水はいくらなのか聞いてみた。

200チャット(約16円)だと言う。

安い。

さっきのコンビニの水より安いじゃないか。

これは決して不当な価格ではない。

これが500チャット(約40円)を超える価格であれば、親切・善意のサービスが上乗せされていると思うところだ。

しかし、200チャットということは、純粋に水だけの価格ではないか。

 

自分のケチ臭さに閉口しながら、価格の正当性について考えていた。

彼女たちに向き直ると、目の前にお金ちょーだいの手が差し出されている。

分かってるよ。

困っている私のために切符を買ってくれたんだ。

喜んでお水を買わせてもらうよ。

そう納得しながら財布の中の100チャット札が2枚あるかどうか探してみた。

まったく、こういう時に限って100チャット札がない。

それどころか、手持ちの一番小さな紙幣は 1,000チャット札(約80円)である。

これだとお釣りが発生してしまう。

間に合うだろうか…?

 

列車の方をみると、駅員が間もなく出発するとの合図をしている。

これはどう考えてもお釣りを受け取る時間はなさそうだ。

しかし、この期に及んで200チャットのお水を1,000チャットで買うことを躊躇していた。

だって、お水は買ってあるし、ホテルに行けば十分過ぎるほどの水が用意されている…。

駅員を見ると、運転手にゴーサインを出している。

ちょっと待ってくれ!

駅員に、自分はこの列車に乗るのだとバタついたボディーランゲージで伝えてみたが、列車は今にも出発しそうだった。

もう間に合わない。

私は、1,000チャットを渡し、切符と水を受け取って、急いで列車に飛び乗った。

 

少女たちは、お釣りが発生していることに困惑しているようだった。

元締めらしき男性のところに向かい何やら話している。

ゆっくり列車が動き出した。

彼女たちがだんだん小さくなっていく…。

 

私は列車の中で思った。

彼女たちは、正当な価格で水を買ってもらいたかっただけなのだ。

だからこそ、ちゃんとお釣りを渡そうとしていた。

そうでなければ困惑などしない。

これは『地球の歩き方』に書いてある話とはまったく異なる。

それどころか、彼女たちは返報性の法則を利用した、高度なビジネスを展開している。

これはカルディの店員さんが、店頭でコーヒーをプレゼントしていることと全く同じ原理だ。

いきなり売るより、何かをしてあげてから買ってもらう方が成功の確率は高まる。

極めて合理的な判断だ。

 

彼女たちは、学校へは行かずにペットボトルの水を売る仕事をしている。

もしかしたら、家庭などいろいろな事情があるのかもしれない。

それでも彼女たちは、役割を与えられ、役割を認識し、その役割をきっちり果たしている。

水道水を気楽に飲めないこの国において、水はとても貴重だ。

その水を廉価で提供してくれた彼女たちは、私に命の大切さを教えてくれているように思えてくる。

 

キャリアコンサルタントであることを承知であえて言おう。

彼女たちに、お仕着せのキャリア教育は必要ない。

先進国では容易に学べないことを、彼女たちは既に学んでいる。

まだまだインフラが未整備なこの国だからこそ必要な仕事や役割がある。

彼女たちは与えられた役割を担い、観光客を含めた人々に命を守る大切なものを提供している。

 

人はなぜ生きることができるのか?

この問いに対する答えを、彼女たちとの出会いを通じて私は学んだ。

ありがとう、君たちは人々の命を守る動く水道局だったんだね。

私は3本のペットボトルを見つめながら、そう思った。

 

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。