ミャンマーのアパレル事情

キャリアコンサルタントが見た世界

ミャンマーの大都市ヤンゴンを歩いているとロンジーを履いている人を多く目にする。

ロンジ―とはミャンマーの伝統的な民族衣装で、いわゆる巻きスカートのことである。

依然としてロンジ―を履く文化は今も続いている。

 

現在のミャンマーでは、ユニクロのような既製品を買うことが一般的ではない。

電力供給の問題があり、大規模な縫製工場がまだまだ少ないからだ。

では、着るものをどうしているかというと、オーダーメイドなのである。

 

今回は、ボージョ―アウンサン・マーケットにあるアパレルメーカーをご紹介しよう。

こちらの写真を見ていただきたい。

 

あなたのお気に入りのデザインはどれかな?

 

市場の2階にあるアパレルメーカー。

1階の市場で生地を買い、2階にあるアパレルメーカーに持ち込もう。

オリジナルのデザインを伝えたら、次は価格交渉だ。

写真にあるように、決まったデザインから選択することもできる。

たくさんの種類があるので、きっとお気に入りのデザインが見つかるはずだ。

生地の価格は、品質によってピンキリ。

仕立て代はデザインによって、10,000チャット~35,000チャットと幅がある。

だいたい、一着 25,000チャットあたりが相場だろうか。

日本円にして 2,000円ほどだ。

 

男性が働いている姿は、見かけなかった

 

アパレルメーカーと言っても規模はどこも小さい。

ここには、従業員10人未満の小さなアパレルメーカーが30社以上あるそうだ。

ミシンは電気を使わず、自らの足でペダルを踏んで動かしてく。

これなら停電になっても作業ができる。

昔の日本では、各家庭にこのようなミシンがあった。

私も母がミシンで作ってくれた服を着ていた時代があった。

ハナを垂らしながら小枝を振り回していた頃の話だ。

若い世代の方は想像することが難しいかもしれないが…。

ある種の懐かしさを感じさせてくれる場所だ。

 

本日も大忙し

 

小さい会社がたくさん集まっているため、このフロア全体が縫製工場のようだ。

多くの人が真剣にミシンと向かい合っている。

大量に注文が入っているのだろうか。

とにかく忙しそうだ。

 

ライバルであり、仲間でもある

 

聞くところによると、最近は若い世代を中心にファッションが変わってきているそうだ。

タイや中国から安価な既製品が大量に入ってきていると。

ヤンゴンでは、K-POPをはじめとした、いわゆる韓流ブームが起きているそうだ。

そうなると、韓国系のファッションに関心を持つ若者が増えていくだろう。

既に、ヤンゴンの街にはTシャツにジーンズ姿の男性を見かけたり、ブラウスにミニスカートの女性も見かけたりする。

確実に、新しい波が押し寄せているのだ。

 

考えてみれば日本もそうだった。

昔は、ちょんまげ袴、着物だったのだ。

それが、西洋文明への憧れを持ったあたりから、徐々にスタイルが変わっていった。

ミャンマーも当然変わっていくだろう。

だからこそ、多くの人がロンジ―を履いてヤンゴンの街を闊歩している今の光景こそが貴重なのだ。

伝統が息づく今の光景が見られる私はラッキーだ。

その今を記憶しておこう。

 

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。