朝ごはんの風景 in ミャンマー

キャリアコンサルタントが見た世界

ヤンゴンの11月の季節は乾季である。

日本と同じく、これから冬に向かっていく。

しかし、日本のように乾燥していくわけではない。

ここは亜熱帯の国だ。

朝もやがかかり、今日も湿度がかなり高そうだ。

そのせいだろうか。

早朝のヤンゴンはとても幻想的なのだ。

大都会でありながら緑が多い。

これがまた彩りを豊かにしている。

 

幻想的な朝もやから突然列車が現われる

 

さて、時刻は 7:00 を回った頃だろうか。

朝ごはんの時間である。

よく見ると、ヤンゴン市内ではあちこちでお弁当が売られている。

朝ごはん用なのか?

昼ごはん用なのか?

自宅からお弁当を持って来ている人も見かける。

お弁当箱は、ステンレス製の器を縦に重ねた筒型だ。

 

どこのお見せも、みな馴染み客なのだろう。

必ず会話をしている。

日本のコンビニとは違う。

忙しくてもコミュニケーションを大事にしているような印象だ。

麺類も売られている。

明らかに日本の朝ごはんとは風景が異なる。

 

 

このお店は馴染み客に支えられている

多くの馴染み客に支えられている露店

 

出店にあたり、規制とかあるのだろうか。

どんなに狭いところでも当然のように出店している。

ちょっと歩きにくいように見えるのだが、ミャンマーの人はそう感じていないのかもしれない。

ごく自然な光景なのだろう。

 

ミャンマーの女性は顔に白粉を塗る。

これはタナカ―と呼ばれている。

日本人にはとても発音しやすい名前だ。

惜しげもなくタナカ―を塗る女性を発見。

失礼のないように写真をパチリ。

うーん、かなり濃いめに思えるが、どうなんだろう。

「この程度は普通よ」って言われるかもね。

 

ミャンマー滞在中一番のタナカ―レディ

ミャンマーのタナカ―レディ(やや濃いめ)

 

このお店では、どんなごはんを売っているのか分からなかった。

近くで見てみよう。

さりげなくのぞいてみると、肉類や魚に油とスパイスを混ぜたようなものが多い。

ミャンマーの主食はお米だ。

パック詰めされていものは中身が分からない。

狭くて邪魔になりそうなので、至近距離から写真を撮ることは控えた。

 

朝から賑わっているお店を発見。

一見、昔日本にあった駄菓子屋さんのような佇まいだ。

でもこれは食堂なのだ。

 

親子で朝から外食ってちょっといいかも

親子で朝から外食って ちょっといいかも

 

1人で来ている人もいれば、家族で来ている人もいる。

親子で朝から外食って、ちょっといいかも。

外まで笑い声や会話が聞こえてくる。

ミャンマー語が分からなくても楽しい雰囲気は伝わってくる。

 

ランチじゃないよ 朝ごはんだよ

ランチじゃないよ 朝ごはんだよ

 

一見、ランチの光景に見えるが誤解のないように。

これは朝ごはんの風景だ。

このお店も賑やかだ。

朝食を外で食べるのはいかにも東南アジアらしい光景だ。

家で作って食べるよりも安いのだ。

 

みんなが食べているところを見ていたら、私もお腹が空いてきた。

ホテルに戻って朝食としよう。

いつかこの賑やかな輪の中に入りたい…。

そう思いながらホテルに向かった。

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。