ミャンマーの恋愛事情

キャリアコンサルタントが見た世界

ネットで検索すればたくさんの情報が手に入ることは分かっている。

分かっているけど、どうしても本を見てしまう。

パソコンの前にいるのも苦手。

スマホをいじるのも好きじゃない。

はっきり言ってついて行けてない。

今では「おじさんだから」を言い訳にしている。

 

そんなことはどうでもよくて。

ミャンマーの話をしよう。

実は、はじめてミャンマーを訪れる前にある本を読んだ。

『ミャンマーを知るための60章』(明石書店)だ。

この本はシリーズになっていて100以上の国と地域が紹介されている。

どこかの国を知りたいときは必ず目を通す本である。

もちろん図書館で借りてね。

どの国のものでも、その国に関わりのある専門家が解説しているため非常に参考になる良書だ。

今回はミャンマー版である。

 

 

恥ずかしながらミャンマーについて知っていることなんてほとんどなかった。

無教養をさらすようだがこれは事実。

でも逆に学びがいがある。

何でも学ぼうと思い読みはじめた。

 

なるほどねー。

フムフムと順調に読み進んでいったのだが、あるところで急ブレーキがかかった。

急ブレーキがかかったのは、突然道路わきからネコが飛び出してきたからではない。

このシリーズは、必ずコラムが載っている。

あるコラムのタイトルに引き寄せられた。

タイトルは『「男と女」-いろいろな恋愛』

まあ、よくあるタイトルではある。

ところが…。

このコラムは、実際にミャンマーで生活していた阿雲登美子さんという方が寄せたものだ。

阿雲さんは、深くミャンマー社会に溶け込んでいたことが分かる。

毎日、ミャンマー料理を食べ、ミャンマー語で会話し、アパートに住んで、広告代理店に勤務していたとのこと。

その阿雲さんのコラムでは、彼女の友人知人たちによる奔放な恋愛事情が3ページに渡って紹介されている。

驚いたことに、半分は不倫の話である。

 

ミャンマーの恋愛事情についてはノーマークだった。

そもそも敬虔な仏教国であるミャンマーにおいては「恋愛」のことなんて想像できなかった。

ましてや「不倫」なんて。

日本のマスコミの大好物。

しかし、不倫の話が載っているからといって、原則と例外を読み違えてはいけない。

コラムの中では、男女が交際することは結婚が前提であると書かれている。

つまり、こちらが原則だ。

そもそも結婚を前提としない自由恋愛は世間も親も認めていない。

多民族国家であるミャンマーは、同じ民族同士で結婚することも多い。

だから、親同士で結婚を決めてしまうこともあるそうだ。

やはり多くの人が伝統的な価値観の中で生きている。

 

阿雲さんも、やっぱりミャンマーの恋愛には自由がないとの印象をお持ちのようだ。

もし伝統的な価値観に背いて恋愛するとなれば、それには相当「勇気と覚悟がいる」のだと。

恋愛に「勇気と覚悟がいる」なんて想像したこともない。

ミャンマーではいい加減な恋愛はできないのだ。

結婚前であろうと結婚後であろうと、もし男女が付き合うのであれば、それは本気で恋愛をしていることになる。

だからこそ、阿雲さんは彼らが真剣に恋愛をしている姿がとても美しいと表現されている。

それだけミャンマーでは、恋愛に関してとても抑圧的であることが分かる。

日本のような自由はないのだ。

ミャンマー社会に深く溶け込んだ阿雲さんだからこそ書ける貴重なコラムだった。

 

早朝、ヤンゴンで散歩しているとき、そのコラムの話のことは当然忘れていた。

そんなとき、前方から若いカップルが歩いてきた。

よく見ると、朝から仲良く手をつないでいる。

なんだかチャラいぞ。

それに、少し強引に女の子の手を引っ張っているようにも見える。

どこへ行こうとしているのだろうか。

朝っぱらからかなり大胆である。

 

私と彼らは接近しすれ違う瞬間、私はあのコラムを思い出した。

ミャンマーで恋愛するには「勇気と覚悟がいる」ことを。

 

ミャンマーのチャラ男ではない 愛の戦士である

 

彼らとすれ違い、私はすぐに後ろを振り返った。

そして、徐々に離れていく彼らのうしろ姿を見ながら思った。

 

彼らはチャラいカップルなんかではない。

しっかり勇気と覚悟を持って恋愛している。

抑圧された伝統社会の中で逞しく恋をしている最中なのだ。

 

私はほんの一瞬、彼らを誤解した自分を恥じた。

彼らは私なんかとは違う。

鮭が川を遡上する途中、熊に襲われる危険があろうとも…。

鬼気迫る形相で産卵し、そこで命が尽きようとも…。

こうした勇気と覚悟を持って、2人は早朝から手をつないで歩いているのだ。

そう考えると、彼らに対して自然と尊敬の念が湧き上がってくる。

私がすれ違ったのは、抑圧された伝統社会と戦う、愛の戦士だったのだ。

私は2人の後姿を見ながら、心の中で敬礼した。

 

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。