『なぜ僕らは働くのか』にアノ話が

「3人のレンガ職人」が出てる!!

甥っ子にプレゼントしようと思い手に取ったのは、この本です。

『なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと』 監修:池上彰 学研プラス

この本を読んだとき、単に職業観を養うためだけに作られたものではないと感じました。

私がキャリアコンサルタントだから感じるわけではありません。

大人が、これからの未来を担う若い世代に伝えたいこと。

それらをコンパクトにまとめられています。

なかなか好感の持てる本です。

 

さーっと確認のつもりでページをめくっていくと…。

なんと!

「3人のレンガ職人」の話が載ってるではありませんか。

もしかして、私が探し求めていた答えがここにあるのでは!?

この話の出典は?

…ない。

出典については、特に何も書かれていませんでした。

もしかして、イソップ寓話(童話)が出典だと書いてあるのでは?

なんて期待しましたが、ありません。

あくまで、一つの物語として書かれているだけでした。

もし、書かれていたら出版社に問い合わせよう。

そこまで考えていましたが。

 

甥っ子は、この物語を読んで、何を感じるのだろうか。

今は自分がどんな職業に就くのか考えられないかもしれない。

学校の勉強についていくだけで精一杯なのかもしれない。

でも、学校で勉強する時間は、人生の長さに比べたら短い。

今はそう感じられないだろう。

でも実際そうなのだ。

君が叔父さんと同じ年齢になれば分かるだろう。

 

さて、私は思い込みに縛られていました。

初めて「3人のレンガ職人」を検索したとき、「イソップ寓話にある三人のレンガ職人」に飛びつきました。

今でも上位に表示されます。

上位に表示されるサイトのほとんどに「イソップ」という単語が含まれています。

そのため、疑いなく「三人のレンガ職人」は『イソップ寓話』にあると信じ込んでしまったのです。

 

もし最初に目にしたものが「ドラッカーの三人の石工」であったならば『イソップ寓話(童話・物語)』を探すことはなかったでしょう。

先入観とは時に厄介なものです。

あるはずだと思い込み、その思い込みが自分自身を縛ってしまう。

しかし、その思い込みを強化してしまうほど、ネットには多くの引用があることもまた事実です。

今回は、ネットとの向き合い方について考えさせられました。

 

今もネットに多くの物語が掲載されています。

ネットに存在する「三人のレンガ職人」はどれもすばらしい話です。

多くの方が引用したくなる気持ちが分かります。

その点に気づけたことがささやかな収穫でしょう。

もはや原典が何かはどうでもいいことです。

いろいろ読み比べて楽しむことが、すてきな学びなのかもしれませんね。

 

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。