天国と地獄と技術革新

お坊さんが教えてくれた大切なお話

もう何年も前の話です。

私は親族の法事のときに、お坊さんからあるお話を聞かせていただきました。

おそらく、これはよく耳にする話ではないでしょうか。

ありふれたお話で、とくに珍しいものではありません。

ですので、ご存知の方はこのページを飛ばしてくださいね。

 

一体何の話かというと、天国と地獄についてです。

 

地獄というところは、特段景色が悪いわけでもなく、怖い鬼に監視されているわけでもないようです。

そこには大きな窯があり、その中にはうどんが茹でられている。

これは地獄にいる人たちのご飯です。

ここにはとても長い箸があって、これを使ってうどんを食べるそうです。

でも、長いために上手く使えません。

皆お腹を空かせています。

早く食べたいのは皆同じ。

地獄の人たちは、我先にと窯に近づき自分一人でうどんを食べようとします。

しかし、箸が長いため、どうやっても一人では上手に食べられません。

それでも、彼らは一人で食べることにこだわります。

我先に食べようと必死です。

なんとか食べられそうになった人がいると、その人のうどんを無理やり奪おうとします。

そうなると、当然ケンカになります。

醜い争いが繰り広げられ、煮え立つ窯の中に落ちて行く者もいます。

まともに食事ができる人はいません。

満足に食事ができないので、皆痩せてガリガリです。

これが地獄の姿だそうです。

 

一方、天国はどんなところなのでしょうか。

意外にも、特段景色が良いわけでもないそうです。

美しい人がもてなしてくれるわけでもない。

お花畑に囲まれているわけでもありません。

地獄と変らない、ごくありふれた景色のようです。

そこには大きな窯がありその中ではうどんが茹でられています。

これは天国にいる人たちのご飯です。

どうやって食べるのかというと、とても長い箸があるだけで他に道具がありません。

地獄と何ら変わりはありません。

天国でも、この箸は自分の口に運ぶには長過ぎます。

地獄の箸と同じで、自分一人では食べられないのです。

しかし、天国の人たちは、地獄の人たちとは違います。

まず自分以外の他の人に食べさせてあげます。

他の人の口にうどんを運んで食べさせてあげるのです。

食べさせてもらった人は、今度は食べさせてくれた人のためにうどんを運びます。

そうやって、お互いがお互いのために、次々に食べさせてあげるのです。

天国ではこうしたことが当たり前のように行われているそうです。

争うことなく穏やかに食事ができています。

だから、皆健康で平和に過ごすことができます。

 

私は、よくこの話を思い出します。

当時は、面白い話を聞いたな、くらいにしか思いませんでした。

特別ありがたいお話かというと、そこまでは。

しっかり心に刻んでおこうなんて、全然ナッシング。

むしろ変なことを考えてしまったり…

「地獄には箸を短くする技術革新が必要だ。」

なんて、不謹慎ですね。

それなのに、なぜか不思議と思い出すのです。

 

ここで、大事なことを語るなんてことはしませんよ。

思いやりが大事ですよ~なんてことも言いません。

もちろん、思いやりが不要だなんてことも言いません。

この話は、私にとってひじょーに耳の痛い話なんです。

私は現在45歳です。

キャリアカウンセラー、キャリアコンサルタントとして、

「まずは自己を正しく認識することが大切です。」

なんて、どの口が言ってるんだって話です。

ようやく自分がおっさんであることを受け入れられるようになってきたんですから。

全然貫禄のないおっさんなんですよ。

そんな自分に、なぜかこの話がジワジワ効いてくるんです。

 

ごめんなさい。

ただ、それだけの話です。

 

Author
このブログの執筆者
西ヶ谷 紀之
国家資格キャリアコンサルタント・社会保険労務士・行政書士
当ホームページに掲載されているブログ及び記事の内容は正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。予告なしに内容の変更又は削除をおこなう場合がありますのでご了承ください。また、当ホームページに掲載されている内容の著作権は、原則として行政書士・社会保険労務士事務所 AOIマネジメントオフィスに帰属します。著作権法により、弊社に無断で転用、複製等することは禁止されています。