以下は、賢者の契約書の作り方について解説しています。

物語『MISSION-ミッション-』完読後に読むと、さらに分かりやすくなりますが、まずはご一読されることをお勧めします。

 

 

賢者の契約書の作り方

 

1 『契約書』と『同意書』の内容を理解しよう

Office Richie は、簡単にオリジナル契約書を作れるように『契約書』『同意書』のひな形をご用意しています。

これらは賢者であるあなたに相応しいものです。

ご安心ください。

既に90%完成しています。

残りの10%をあなたのビジネススタイルにカスタマイズするだけです。

 

『契約書』と『同意書』が分かれていますが、これには理由があります。

セッションとは関係のない事務処理を簡略化するためです。

全てのクライアントに共通している部分を『契約書』に、クライアントごとに内容が変わる部分を『同意書』に記載します。

そうすると、事務処理がとっても簡単になります。

実質的には『同意書』の一部を修正するだけで済みます。

これで契約業務はとっても楽になります。

 

ちなみに、キャリアコンサルタント専用の『契約書』と『同意書』はこちらです。

 

 

 

『契約書』は全部で14条から構成されていて、第1条以外はこのまま使うこともできます。

『同意書』はその1から5までの5条で、修正することが必要です。

クライアントからの信頼を得るためには、各条文を理解していることが必要です。

理解していれば正しく説明することができます。

難しいかも?

大丈夫です。

ご安心ください。

賢者であるあたなが『契約書』と『同意書』の内容を理解できるように、『対話式条文解説』をご用意しています。

ちなみに、キャリアコンサルタント専用の『対話式条文解説』はこちらです。

 

 

これは対話式で『契約書』と『同意書』を理解していく読み物です。

解説書に登場するリッチー先生とあおいさんの会話を読むだけで、楽しく簡単に理解することができます。

2人の会話は『NISSION-ミッション-』と同じ雰囲気で展開していきます。

 

 

2 『契約書』の第1条に思いを入れよう

Office Richie では、賢者であるあなたが、契約書の第1条に自らの思いを入れることを推奨しています。

契約書の第1条には、契約の目的や業務内容を規定することが一般的です。

「誰が、誰に、何のために、何をするのか」を明らかにします。

ここはビジネスをするご本人が自ら規定することが理想です。

是非ご自身で文章を作ってみてください。

 

ここに思いが入ると、無味乾燥で無機質な契約書に命が吹き込まれ、温かみが感じられるようになります。

もはや文字が記載されただけの冷たい紙ではありません。

賢者であるあなたとクライアントをつなぐ温かいご縁に変わります。

もし、どのような文章を作ればよいか分からなくてもご心配なく。

一緒に考えることができます。

Office Richie がお手伝いしますのでご安心ください。

 

3 『契約書』の第2条以下をカスタマイズしよう

カウンセラー・キャリアコンサルタント・コーチは、100人いれば100人ともビジネススタイルが異なります。

この100人が全く同じ契約内容になることはあり得ません。

それは、この地球に全く同じ人間が存在しないことと同じです。

ですので、ご自身のビジネススタイルに合った契約内容にカスタマイズする必要があります。

大変そう?

いいえ、ご安心ください。

カスタマイズするところは全体のたった10%ほどです。

「24時間前」を「48時間前」に、「10分経過前に」を「20分経過前に」といった感じで変更するだけです。

ごく稀にカスタマイズすることが不要な場合があります。

この『契約書』は、コーチ・カウンセラー・キャリアコンサルタントに必要な条文を載せていますので、そのまま使っても問題ない場合もあります。

ただ、ご自身のビジネススタイルと齟齬がないか確認はしてください。

もしも、修正が必要になったとしても心配しないでください。

どのような文章を作ればよいか分からない場合は Office Richie が全力でサポートいたします。

 

 

4 『同意書』をカスタマイズしよう

『同意書』は、クライアントごとに内容が変わります。

必ず修正する必要があります。

それだけでなく、とても大事な情報を『同意書』に記載します。

何だと思いますか?

あなたの振込先口座情報(現金手渡しの方は不要)です。

これが記載されていないと、待てど暮らせどお金が入ってきません。

口座情報はあなたしか分かりません。

必ず記載してください。

もしかしたら、口座情報は全てのクライアントに共通していることだから『契約書』に記載すべきでは?と気づいたあなた。

さすが「賢者」です。鋭い。

これはですね、あえて『同意書』の方に記載しています。

理由は『対話式条文解説』で解説していますので読んでみてくださいね。

 

『同意書』を修正するといっても、難しいところはありません。

一度作ってしまえば、あとは料金や時間等ほんの一部だけの変更で済みます。

概ね数字を変えれば完成するように作られています。

簡単ですよね?

 

 

リッチー先生からリッチなプレゼント

 

これはダジャレではありません。

本当です。

ある物語を読んでクイズに答えていただいた方にリッチなプレゼントをご用意しています。

あなたが契約書の本当の意味に気づく愛と情熱の物語『MISSION-ミッション-』

これは「新しい世界への入口」です。

 

 

 

 

この物語は、コーチとして独立したあおいさんが、リッチー先生のオフィスを訪ねるところから始まります。

あおいさんは、自分のビジネススタイルに合わない契約書を使っていたために、たくさんの課題を抱えていました。

リッチー先生から勧められて賢者の契約書を使い始めたところ、クライアントからの信頼を獲得しビジネスが軌道に乗っていきます。

あおいさんは契約書の大切さを認識しますが、それは自分を守るためではなかった。

クライアントから信頼されている本物のコーチ、カウンセラー、キャリアコンサルタントだけが知っている、契約書の本当の意味とは…。

 

 

約30,000字の物語で、標準的な読解スピードでは1時間以内に読み終えることができます。

全部読み終えた方は、クイズにチャレンジすることができます。

クイズにチャレンジした方には、リッチー先生からリッチなプレゼントがあります。

お楽しみに

 

 

 

クイズにチャレンジしよう!

『ミッション』を読んでクイズに答えると、リッチー先生からプレゼントがもらえます。
全10問で10点満点。基準点をクリアすると最高3万円の割引券を差し上げます。
残念ながらクリアできなかったときも、ささやかなプレゼントをご用意しています。
是非チャレンジしてみてください。
その前に『MISSION-ミッション-』を必ず読んでくださいね。